急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● メインタンクブロウ 【2006/02/18 03:22】 メインタンクブロウ 【2006/02/18 03:22】 未分類
というわけでまぁ
改装しようと思ったんですが
諦めt

白は性に合わなかったよママン・・・・


サボってたのは何故かなんて無粋な事は聞かないお約束だ!
一度間が開くとダメですね
そのままズルズルーっとここまで来たわけですが
まぁその間色々ありましてありましてありまして

一番大きいのが北海道遠征じゃないでしょうかね
7、8日と行って来たんですが
まぁ当然寒い
飛行機内で外気温情報が見れるんですが
高度が下がっても中々上がらない気温にビビリまくりでした
オイオイ、マダマイナスナノカヨ

着陸を終えて、飛行機から出るや否や携帯の電源を入れる
すると3通ほどメールを見過ごしていた模様
いやほら、飛行中は見れないから!許してネ
すぐさま連絡を取り、無事送迎部隊と合流
まぁ一応そこで邂逅を果たしたわけです

その後、都会じゃ体験出来ないリアルスリルドライブをしつつ
残りのメンバーと合流
こちらも邂逅を果たす

丁度雪祭りが行われているという事で、会場に突撃
どうやら地元民には人気が無いらしい
理由を聞いて納得

「ただでさえ寒いのに、更に寒い所へ行く気が知れない」

意訳があるかもしれないですが、大体こんな事
まぁ確かに、雪はそこかしこに腐るほど山盛りですからね・・・・
でも雪を滅多に見れない人からすれば、物珍しいですよ!

雪像とか沢山並んでましたよ
大変前衛芸術っぽかったですが
ゲルニカを彷彿とさせました、ええ

ピカソさんゴメソ
いや、アレ作った人ゴメソ
いやでもピカソさんもゴメソ


あと迷路がありましたねー迷路
雪と言うか、自重で圧縮されたそれはもはや氷
氷壁で出来た迷路ですよ
スポンサーがお菓子会社?らしくて、至る所にディスプレイが埋め込んであって
18種類あるから全部見つけよう!!みたいなPOPが入り口にあったんですが
華麗にスルー
出口目指して一直線

途中出口じゃ?と言われるもこれには従わなかった
これがいけなかった
そのまま、何かに導かれるように奥へと進む
そして道は何故か階段に
上?上がゴール?最後は滑って降りるのか?
と疑問に思いつつも氷の階段を上る
はっきりいって危ない
これ構造計算書以前の問題じゃねーか?
建材が間違ってるよ、建材が
そして頂上到着
ゴール・・・・・・・では無い様だ
四方を胸の高さ位の氷の壁で囲った、6メートル四方ぐらいの空間
展望台なんだろうが、氷壁が高い&厚過ぎて周囲が見えません
そして、やはりと言うべきかゴールでは無かった
展望台が絶望台に変わった瞬間だった
昇った階段をまた降りる
そして行き着いたゴールはと言えば

最初に出口じゃ?と指摘された場所だった
やはり人の言う事は聞いておくものです

下に降りて、露店で沢山食料をごちそうになりました
何だか肉まん&あんまん系列が凄く多かった気がします
着陸後から雪祭りまで
キノセイカナ・・・・・

ある程度そこを堪能すると、次は市役所にGO!
なんでも自衛隊の展示があるとか
これは是非見ておきたい

早速車2台に分乗して、移動を開始
駐車場から出る段になって、謎の交通整理のオッサンの手により右と左に分断される
正解は右の道だったらしいのですが
俺が乗っていた車は何故か左に誘導されてしまいました
気付いたのは走行開始後約5分
その間にどんどん取り返しの付かない方向へ・・・・
人力カーナビと、正解を行く車と連絡を取り合いつつ、なんとか進路を修正
が、しかし途中何度か道を間違える


あるある



合流できたのは2時間ぐらい経ってからでしたかね
市役所へと入り、展示を見てきました
さすがに雑誌で見るのとは違いますね
まず距離が違う
近いんですよね、アングルが
メディア向けに公開される訓練ではない様でした
74式戦車の主砲発射をあんな至近で撮影するのは
普通の権限を持った報道にはまず無理でしょう
何気ない風景も、常に張り付いていないと撮れるものではありません
またあるのなら、是非見に行きたいと思いました

そしてその後、雪祭り大通り公園会場へと
ここは先に行った迷路があった所とは、かなり違う感じです
大通り公園会場がまさに雪祭り!って雰囲気でした
一部に北斗の拳を見かけた気がしましたが、無視します、暑苦しいです

氷像やら雪像やら、かなり凝った物が多く、レベル高いです
今年公開のナルニア国物語の雪壁?もありましたが
すんごくデカい
全幅30メートルか20メートルはありました
高さは10メートル位
悪役の女が3匹の白熊を従えている構図を再現したものでした

一通り見終わり、次は夕食
近くのデパートのレストランラウンジで摂る事になりました
皆がアルコールを注文するなか、ドライバーの人たちは
揃ってコーヒーを注文していたのが微笑ましかった
いやほんと、お手数かけますorz

そしてホテルまで送ってもらって1日目終了

翌日、多少予定がズレるも、お迎えが来てくれました
約1名ご立腹でしたが・・・

とりあえずお腹が減っていたので、ラーメンを食べる事に
前日に通りがかったラーメン屋が非常に繁盛していたので
そこへ行って見ました
混んでるのは夜だけらしく、昼間は空席が多かったです
うん、普通に美味しかったです
まぁ札幌に来て博多ラーメンと言うのもまたオツなものです
これも聞けば何て事無い、当たり前の話なんですが
札幌で札幌ラーメンを出したって売れるはずが無いわけです
当然、博多とか対極に位置する地域のラーメン店が多くなるのですね

お土産も買って、色々遊んでるうちに離陸の時間が迫る
あーもう帰るのか、やっぱチケットは7時ぐらいにしとくんだったなー
と後悔しつつも空港へ
最後の最後でイクラ丼を胃袋に収めました
大方悔いは残さず戻って来れたので、自分的には100点だと言える遠征でした
関係者各位の皆様、アヤしい来訪者にここまで世話をして下さいまして
本当にありがとうございました

次回遠征は夏の予定ですので、首根っこ洗って待っててください


スポンサーサイト


△Page Top       
この記事に対するコメント

Welcome home to Tokyo.



特産物を期待中(*っ∀`)
【2006/02/18 08:29】 URL | 不死 #- [ 編集]


なら俺も負けじと
Welcome to hokkaido まだー?
【2006/02/18 10:25】 URL | けい #c25PVKvg [ 編集]


物産はそのうち小包爆弾と一緒に郵送したる


次回遠征は夏じゃ夏!
しばらくおまちくだしあ
【2006/02/19 04:29】 URL | でっど #8zyxN7ck [ 編集]


ヤキソバ弁当の感想はまだかのー・・・
【2006/02/19 05:13】 URL | 兄貴 #- [ 編集]


ヤキ弁美味かったです

でも個人的にはガラナが1ケース欲s
【2006/02/19 05:51】 URL | でっど #8zyxN7ck [ 編集]

△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/124-63096e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。