急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● 今日は安息日~ 【2006/03/01 23:12】 今日は安息日~ 【2006/03/01 23:12】 未分類
さてはて
今日はRO安息日なので何もしてません

ので、当然と言えば当然の流れとして銃を愛でます(何
色々見てるうちに

060301_2214~01.jpg


060301_2215~01.jpg



こいつを何とかしてやりたいなと

シンプルな銃口部に惚れて衝動買いした
TANAKA製のブローニングHPミリタリーモデル
最近見ないヘヴィーウェイト樹脂(通常の樹脂より重い)が素材となっております
しかし作動に難有り、パワーが無さ過ぎる
マガジンを限界まで暖めても、普通に発射されるのは初弾と運が良ければ2発目のみ
それ以降はショボいストロークでブローバックし、給弾など勿論出来ずに
マガジンが冷えまくって気化不能に陥ってブシュウウウウウウウと終わります
二次大戦中、イギリス製の急造短機関銃[STEN]も
出荷直後は弾が出ないと言われるほど酷かったらしいですが
こいつも負けず劣らずの評判でしたね
TANAKAの製品はリボルバーに関しては最高性能でしょうが
ボルトアクションライフル、ブローバックガンとなるとちと疑問
やはりと言うべきか、このブローニングも例外ではありませんでした・・・

ハンマーの打撃力が不足してる感はあるのですが
マガジン側のバルブが原因とも考えられます
ので、低い打撃でも十分な放出量を得られるように、カスタムバルブを組み込もうと思います
更に燃費向上策として、ショートストローク化を施したいです
簡単に言えば、ブローバックの距離を短く設定する事なんですが
これが結構大変そう
ハンマーのコックと給弾が出来るだけの距離ブローバックすればいいわけなんですが
その位置を決めるのがまず面倒
決まったら、そこに合わせてリコイルスプリングにスペーサーを噛ませます
後は余分な分のリコイルスプリングを切り詰めて終わり
書くと簡単そうだけど、実物目の前にしてあれこれ見てると('A`)になります
まぁやれば出来る












と思う
やった事無いから分からんのですよ!(ぉぃ
可能ならトリガーストロークも短くしたいけど、これに関してはまだ知識不足
必要ならピストン部もパーツを入れ替えようかと考え中
総額で6千円?ぐらいのカスタムになりそうですはい





風邪南無です!
ゆっくり休んで、ばっちり完璧に治しましょうね
スポンサーサイト
△Page Top       
この記事に対するコメント
△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/131-f443855e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。