急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● 主よ 人の望みの喜びを 【2006/04/26 23:05】 主よ 人の望みの喜びを 【2006/04/26 23:05】 無常無情無上
休みの日は決まってDVD借りてます
昨日は『南極日誌』を拝見
韓国発のホラー映画です

南極にある、海岸線から最も遠い地点
到達不能点を目指す韓国の探検チーム
気温は常に零下、年の半分は昼、半分は夜
そこかしこに氷の裂け目[カンバス]が口を開ける、世界で最も過酷な場所
黙々と日程をこなす6人の探検家達の前に現れた1冊の日誌
それは、80年前に同じく到達不能点を目指したイギリス探検隊の物であった
ぼろぼろのページに描かれているのは、メンバーと思われる6人の男
彼らもまた、同じ人数で同じ場所を目標にしていたのだ
奇妙な感慨に浸りながら次のページをめくると
雪原を歩くイギリス探検隊の挿絵が描かれていた
一つ妙なのは、そこには5人しか描かれていなかった事だ・・・


これは怖い
韓国映画の底力は知っているつもりでしたが
ここまでとは
もう映画全体に最初からイヤーな空気が充満してます
何とも言い難い、それこそ不快な恐怖が
設定された状況も最大限に生かし、孤立感、閉塞感、それに伴う恐怖も相まって
吐気を催す程です
何より怖いのは人間
幽霊はさっぱり出ません、予想を外して
幻影っぽいのは見えますけど・・・
人間の欲望や狂気が画面を覆いつくして溢れ出して来ます
エンディングも救いようが無いの一言
久しく『当たり』を引いたみたいです





ぼちっとRO

G狩りだったのね、25日
久しくインしたら見事にかち合った
90台は城と言う事で、気分転換に走るかと思い、参加する事に
狩り開始まで時間があったので、メンバーのサインクエのお手伝いをしました
ってもDI戦だけですけど
1ヶ月は塩振ってなかった村正、久々にアスペでぶん殴れてちょっと満足
その後城へ行き列車列車
インディアのレベルが下がったので、持続時間切れが続発
ちょっとだけ再振り後悔した
まぁ何とかなったけど
スポンサーサイト


△Page Top       
この記事に対するコメント
△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/158-5ff8365a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。