急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● high voltage 【2006/04/28 21:06】 high voltage 【2006/04/28 21:06】 日々騒音
『op.ローズダスト』読破
登場する組織名だとか兵器だとかが被ってたのが気にかかりますが
それを無視しないでも非常に良い本です
特に主人公と、テログループ[ローズダスト]の過去は
福井作品の中でも最高に悲しいお話です
クライマックスの臨海副都心での戦闘は映画化不能ってのも頷ける位に派手です

ただ随所にある説明が非常に長く、難解です
しかもそこを理解出来ないとストーリーがあやふやになると言う
何ともイジメチックな仕掛け(?)です
でもまぁ、3600円の価値は十分にありましたとさ

ROは停滞気味
むしろ後退してるって話もありますが気のせい気のせい
日曜は飲み会なのでまたもGG出られず
ギルドの皆ごめんよ




一人の知り合いが居る
友達なんてヌルいものでは無く
親友なんて甘いものでも無い
戦友と呼ぶのが相応しい、そんな奴だ

色んな話をそいつにして来た
親にすら話せない事も、およそそいつには話せたが
人間関係に関して悩みを打ち明けたのは初めてだった

全てを聞き終えるとそいつは、開口一番こう言った

「お前、なんでまだ生きてるんだ?」

普段なら馬鹿げた質問だと断じ、冗談の一つでも返すところだが
今度だけは違った
すぐに答えが出てこない

何故俺はまだ生きてるんだろう

辛うじて

「まだ死んでないから生きてるだけだ」

と返せたが、すぐに否定された

お前は、本当はそうは思っちゃ居ない
心のどこかで、時間が経てば元の通りに戻ると信じてる
そうなりっこないって事が薄々分かってるのに、自分を騙してるんだ
踏ん切りが付かないのは、その未練タラタラの心のせいさ

なるほど、そうかも知れない
否定は出来なかった

お前は見限られたんだよ
もう顧みられる事は無い
じゃあお前とこの世界を繋ぐ物は何だ?

無い
それだけははっきりと、今分かる

何故俺は生きているんだろう

それから少し話して、その日はそいつと別れたが
最後にそいつは、こう言った

お前の選択とやらが終わって
完全に絶望したなら、また俺を訪ねてくれ
死に方を教えてやる



選択の日は近く、すぐそこまで迫っている
スポンサーサイト
△Page Top       
この記事に対するコメント
△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/159-b5c0653d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。