急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● how to 【2006/06/20 14:14】 how to 【2006/06/20 14:14】 無常無情無上
拳銃で自殺したければ
米神に銃口を当てるのはやめろ
粗悪な密造拳銃と弾丸では、頭蓋骨を砕けず
逆に弾丸が砕けてしまうからだ
やるなら、喉に銃口を突っ込むか、顎に当てて
首の少し上、脳幹を狙えばいい

首を吊って自殺したければ
少し高さのある所から、勢いを付けて首を吊れ
頚椎の中心を通っている神経が一気に分断され
即死出来るからだ
但し、普通にゆっくり首を吊ってもさほど苦痛を感じる事は無いだろう
気管が締め上げられ、窒息する苦しみを味わうより
脳へと続く血管が塞がれ、意識を失う方が先だ

手首を切って自殺したければ
表面を5ミリ程度切るだけでは駄目だ
手首を半分以上、「切り落とす」ぐらいに切るべきだ
そうすれば、例え発見され、救急車を呼ばれたとしても
ほんの数分で失血死出来るし
間に合ったとしても、その後死ねる公算はぐっと高くなる
自殺ごっこをしたいなら、血管だけ切るのもありだ

市販薬を大量に飲んで自殺するのはお奨め出来ない
かなりの量を飲まなければいけないし
身体の防御反応で、飲み下し終わる前に吐き出してしまうからだ
飲むなら化学薬品、漂白剤とかガソリンとか
そう言った類の物が良いだろう
しかし死ぬまでに時間がかかり、苦痛も大きい
安らかに迅速に薬で逝きたいなら、手間でも精神科などに通院して
睡眠薬などを処方してもらい、ある程度溜め込んでやる事

自殺をする時は、なるべく自宅で行うのが望ましい
どこか他所でやると、警察から遺体収容費として
とんでもない金額を請求されるからだ

自殺は、苦痛は無いが恐怖は大きい
恐怖の原因として苦痛があるのもまた確かだ
ただそれ以外、自分という個が消える事に対して抱く恐怖もあると思う
また、忘れられてしまうんじゃないかと言う恐怖もあるはずだ

それらを塗りこめる位に絶望した者のみが触れる権利のある行為
それが自殺
ただひたすら消滅を望み、誰の記憶にも残りたくないと願う人間
彼らに、生きた人間が何を言っても聞くはずが無い
少なくとも自分はそうだった

思いとどまる者も少なく無い
彼らはまだ、本当に絶望してはいなかった
まだどこかに温い考えが残っていた
覚悟が足りていなかった

つまりは
思い悩んでいる内は自殺なんぞするな
生き恥晒して、余計生き残り難くなるだけ
悩まなくなった時に自殺すると良い
そうすれば、死に損なう事無く、安息と拒絶を手に入れられるに違いない

山田花子と言う漫画家が居た
人の営みによって精神を曲げられた彼女は
通院していた精神病院を出たその数日後に自殺を遂げた
彼女が残した言葉はいくつかあるけれど
この言葉が一番好き

「生きるなんてどうせくだらない」

ご清聴感謝します
スポンサーサイト


△Page Top       
この記事に対するコメント
△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/198-54fbfb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。