急速潜航 急速潜航 急速潜航
孤独に歩め 悪を成さず 求めるところは少なくあれ 林に住む象のように


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● initiative 【2007/10/07 22:59】 initiative 【2007/10/07 22:59】
貴方の目の前には、ミディアムレアに焼かれた熱々の1枚のステーキ
それをどうやって食べます?
大抵はナイフとフォークで食べるんではないでしょうか

ナイフで切り、フォークで刺して口に運ぶ
この時、ステーキを食べると言う行為の仕事量は
無駄なくナイフとフォークに、均等に振り分けられています

では、ナイフの逆端にフォークが付いた食器で食べろ
と言われたらどうでしょう
フォークで押さえながらナイフで切りたいのに
ナイフを使っていると、フォークが真逆を向いていて使えない
じゃあフォークで押さえるか、とフォークを使うと
今度は切る為のナイフが真逆を向いて使えない
うーん、悩ましい
この時、ステーキを食べると言う行為の仕事量は
このヘンテコな食器には荷が重過ぎるようです

では、ナイフとフォーク、それに加えて箸を使ってステーキを食べろ
と言われたらどうでしょうか
ナイフで切って、フォークで刺すか、箸で摘むか
日本人なら箸で?いやでもナイフとセットなのはフォークだろう
しかしナイフと箸がセットじゃいけないと言う法は無い
食えれば何でも良いんじゃないか?
これも悩ましいですね
この時、ステーキを食べると言う行為の仕事量は
ナイフは安泰でも、フォークと箸では競合していて
仕事量の取り合いが起きています
もし、フォークと箸が努力する、と言う事を知っているなら
自分の有用性をアピールする為に、色々改良を加え
仕事にありつこうとするはずです
 
 


 
 
仕事量の割り振りをする際
念頭に置くのは、それが無視出来るか、無視出来ないか
ステーキを食べる例で言えば
切る為のナイフに、口に運ぶ為のフォーク

「一枚肉を食べるには切らねばならないし、咀嚼するには口に運ばねばならない」

ステーキを食べると言う行為を、単に"食べる"では無く
上記の様に詳細に表現すると
その行為に必要なもの、不要なものが見えてきます
例えば、ナイフとフォークの他に、泡立て器を支給されたとして
この泡立て器は、ステーキを食べると言う行為に関し一切必要ではない
よってこれは不要である
つまりは、"無視しても良い存在"と言う解答に行き着きます
支給されたとは言え、使わずにそこら辺に放置しても良いんですから
無視したって構わないでしょう
しかしナイフとフォークは違います
どちらが欠けても、ステーキは食べられません
支給され、そこら辺に置いておいたら、何時まで経っても肉片は胃袋には収まらないんです
つまりは、"無視出来ない存在"と言う事になります
無視していたら、食べると言う行為には着手出来ません

ではナイフとフォークでなければ食べれないのでしょうか
フォークの代わりに箸を支給されたとするなら
箸で押さえつつナイフで切り、箸で肉片を摘んで食べる事が出来ます
この場合、ナイフと箸、と言う異形の取り合わせですが
ステーキを食べると言う行為の仕事量は
ナイフとフォークを使っている時と、全く変わらない振り分けになっています
この事から、ステーキを食べると言う行為の仕事量は
[切る役]と[口まで運ぶ役]の二つであると言えます
これより多いとそれは無駄であり、少ないと食べる事は出来ません
また、フォークの代わりに箸であっても
箸が"無視出来ない存在"である為、問題は生じないのです

以上の事から、仕事量を享受出来るのは
無視出来ない存在の物、若しくは者と言う事が分かるでしょう
逆に無視しても良い存在は、仕事量を受けるのは難しいと思います
また、仕事量は何時も限られており
その行為の内容により、要と不要の区別がある事が分かるはずです
無視出来ない存在に含まれていても、複数候補がある場合
途端に無視出来る存在になってしまう事も分かるでしょう


これをROに当て嵌めるとします
例えば狩
狩と言うのは、言い換えればmobを滅してEXP+Zenyを得る事を持続すると言う事です
ややこしいですが、何が必要なのかは見えるはず
mobを殲滅しなければ狩の端緒は開けないので
まず殲滅役、そしてそれを持続させる為の補助役
これが適切に揃っていれば、狩は出来ます
簡単に編成シミュレーションをしてみると
まず狩場を決めます
城辺りにしましょうか
この城を、上記の例のステーキだと思って下さい
狩場の選定とは、食べる行為で言えばメニュー選びと言った所です
では城で狩る為に必要な職を集めます
まず殲滅役ですが、ここではWizとしましょう
このWizが上記例のフォークだと思って下さい
次に補助役ですが、これは支援プリ以外に無いと思います
殲滅を補助し持続させる、と言う意味において
代替出来る職が存在しないからです
このプリが上記例のナイフだと思って下さい
さて、これで狩をするのに必要な要素は集まりました
美味しく城を頂けるでしょうか
頂けるでしょう、城を駆け回るWizプリペアを見れば、それは明らかだと思います
詳しい事はあまり把握していないのですが
傍目から見てもスムーズで、効率も出ていると聞いています
城で狩ると言う行為の仕事量は
殲滅と支援の双方に、綺麗に振り分けられています
合理的で、無駄の無い流れから、そう判断します

ではここに、フォークをもう一本
つまりWizを一人足したらどうなるでしょう
ステーキを食べるのにナイフが1本にフォークが2本
城へ行くのに支援が一人にWizが二人
この場合、一本でステーキを食べ、一本で付け合せの人参やブロッコリーを食べる
と言う考え方も出来ます
城の例ですと、一人がSGでの殲滅を担当し
一人が禿にHDやら、巻き込めなかったアーチャーにボルトやら
氷割りのLoVやら、と言った具合でギリギリ仕事は分担出来ます
但し、これは無くても良い、無くても出来る事であり
分類としては無視出来る存在、と言う事になってしまいます
では更にフォークをもう一本足すとどうなるでしょう
ステーキを食べるのにナイフが1本にフォークが3本、1本ステーキ1本付け合せ
あと1本どうすんべ・・・と
城でも同じで、SGで広範囲担当Wizが一人、小技で単体担当Wizが一人
じゃあと一人は何しましょうって話です
ここまで来ると仕事量オーバー、三人目のWizは間違い無く無視出来る存在であり
何ら益する所が無いのです

フォークをナイフに置き換えても、結果は同じです
常に仕事量は一定なのです

しかし、足す要素としてフォークではなく
箸を足したとしたらどうでしょう
この場合、箸はハンターにしておきましょうか
口に運ぶと言う仕事においては、フォークも箸も同じですが
では全く同じかと言えば、そうではありません
持ち方一つ取っても、フォークと箸では違います
ハンターも、Wizと同じく殲滅に分類されますが
殲滅の方法、その他所持しているスキルは全く違います
Wizと競合しない部分で活躍出来る余地があるので
この場合無理なく同居出来る可能性があります
ステーキを食べる場合
箸にしか出来ない事、例えばコーンを食べる時
フォークでは食べ辛いので、箸で摘んで食べる
城で言うなら、思わぬMHにぶち当たって、あわやと言う所で
サンドマンを飛ばして状況を沈静化させる
これはハンターにしか出来ません
種々の状況に対し、柔軟に対応する為に
採用する職の幅を拡張するのは正しい事です
但し、殲滅と支援とに二分される狩において
役割が重複しないように採用するのは難しく
そこでは各々が、その職を無視出来るか出来ないかで判断し
取捨して行く事になると思います
箸を捨てたが為にコーンが食えない、と言うステーキの例は
ハンターを捨てたが為に、MHのど真ん中に墓標を建てるやも知れない、と言う危惧に通じ
いや俺はフォークをテクニカルに操って、華麗にコーンを食ってみせる!と言う自信があるならば
ハンターは不要でしょう

と、あくまで例ですよ
城に関しちゃ素人だし、ハンターもWizも触った事すらありません
けれど仕事量がどんなものか、と言うのは
分かって頂けたのではないかと思います
長文なので読み飛ばした人の為に纏めると

物事には仕事量がある
その仕事量を享受する役割がある
仕事量は状況により常に一定である
必要な役割とその数はある程度一定である
余剰な役割とその数は無駄である
逆に少ないと、役割に対する仕事量の割り振りは荷が重くなる
必要な役割とその数を決めるには、無視出来るか、無視出来ないか
を考慮すべきである

と言う事です
あんまり簡潔に纏まってませんね、はい
考えが膨らむばっかりで、表現する語彙が追い付かないこのもどかしさ / ,' 3  `ヽーっ
ま、こう言う事が伝わっていると幸いです
これで何が言いたいかと言えば
前々回のGv関連の記事で取り上げた、多人数と少人数のお話に絡んでいます
合理的に充実したGvをやるにはどうしたら良いんだろう
って事を、この辺りを糸口に解決出来そうな気がします
が、理論で終わる可能性も依然大きいです
変化を疎み、実践を恐れる体質にあって、相容れないと判断された瞬間
一個人の意見は木っ端の如く弾け飛ぶ訳ですから
スポンサーサイト
△Page Top       
この記事に対するコメント

公開してから数分、何度か校正したので
リロードしてから読んで下さい / ,' 3  `ヽーっ
【2007/10/08 02:08】 URL | LastMan #8zyxN7ck [ 編集]


前置きなげええええええw
【2007/10/09 10:10】 URL | SWEEF #JalddpaA [ 編集]


貴方の目の前には、ミディアムレアに焼かれた熱々の1枚のステーキ、まで読んだ。


ミディアムレアの時点で、あんまり焼かれてないから熱々じゃないと思ったとか言ってみる
【2007/10/16 03:13】 URL | D #mQop/nM. [ 編集]


>>すいーふ
途中でステーキ食う話書くんだっけ
と何度も勘違いした俺が(ry
もうちょい簡略化すりゃよかったwww

>>どらいぶたん
そこ突っ込むところかよ!
【2007/10/19 14:16】 URL | LastMan #8zyxN7ck [ 編集]

△Page Top       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

△Page Top       

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://disintegration.blog6.fc2.com/tb.php/349-d44a1cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△Page Top       



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。